職場の雰囲気が悪い原因は?仕事を辞めたい時の乗り越え方!

職場の雰囲気が悪いことで悩んではいませんか。 仕事が自分に合っていると思えていても、居心地の悪い雰囲気では、辞めたいと感じてしまうかもしれません。 この記事では、職場の雰囲気が悪くなる原因と、悪くなってしまったときの対処方法を紹介します。


この記事は約8分で読み終わります。

職場の雰囲気が悪い要因はほとんどが人間関係にある

「職場の雰囲気が悪い・・・」

そう感じたきっかけは何だったでしょうか。

雰囲気というのは、その場の人間を観察した自らが感じたイメージでしかありません。職場にいて何か違和感をもったなら、その悩みのほとんどは人間関係に起因するはずです。

このような職場の人間関係について、次のようなデータがあります。

令和2年の「転職者における離職理由」において、人間関係の悪さは男性で3位、女性で2位となりました。

出典:「-令和2年雇用動向調査結果の概況-」(厚生労働省)

普段、どうしても一緒に仕事をできないような人がいる場合や、職場全体の人間関係が悪く居場所がない場合、「会社を辞めよう」と感じてしまう人が少なくないのです。

ここからは、「人間関係の悪さ」をさらに細分化し、職場の雰囲気が悪い、違和感がある、合わないと感じる場合の3つの原因を紹介します。

愚痴や悪口を言う人がいる

悪口や陰口など、ネガティブな話をする人がいると、職場の雰囲気が悪くなってしまいます。たとえ一部の人だとしても、そのような話を聞くとモチベーションが低下してしまうでしょう。

否定的な意見を聞き続けてしまうと、今度は自分が責められてしまうのではないかと不安になることもあるかもしれません。

プライベートであれば、悪口を言うような人からは離れることができます。しかし、職場で部署が同じである場合などは、そう簡単にはいきません。

コミュニケーションにおいて必要以上に気を遣っていると、仕事以外のことに脳を使い、精神力を奪われることになります。仕事の生産性だけでなく、メンタル面にも悪影響を及ぼしてしまうでしょう。

上司と合わない

上司は部下に指示を出すリーダー的役割だけでなく、モチベーション管理やアドバイスなどのメンター的役割も担っています。

そのため、上司と部下との関係値は非常に重要です。価値観が合わない、コミュニケーションが円滑に進まない上司のもとで働いていると、居心地の悪さを感じてしまうことがあるでしょう。

責任感のない上司だと、仕事を丸投げされたり、業務量が増えてしまったりと、部下にしわ寄せがいってしまいます。

人の気持ちを理解しようとしない傾向があると、部下に対して辛くあたったり、強引な指示をしたりすることもあるでしょう。

しかし、部下としては、上司に直接注意を促したり、意見したりするのは、ハードルが高い行為です。自らの評価者であるなら尚更、前向きに解決を考えにくいでしょう。

一方、この問題解決を考えるには上司の立場に対する一定の理解が必要な側面もあります。

それは、部下を適切にマネジメントするには、高度なスキルが求められるためです。普段の業務スキルだけでは不十分で、相手のポテンシャルを正しく見極めるアセスメントスキルや、目標実現に向けた的確なサポートを行うコーチングスキルなど、あらゆる能力が必要なため、上司自身も悩んでいる可能性があります。

とはいえ、部下にとっては精神的負荷になってしまうでしょう。そのような意味でも、なかなか状況が改善に進まず悩んでいる方も多いといえます。

仕事が忙しすぎる

職場の雰囲気が悪くなる理由として、「忙しさ」があげられます。業務量の割に人員が少なく、残業が当たり前になっている場合、忙しすぎて周囲に気を遣う余裕がなくなってしまいます。

普段は、優しい人や温厚な人であっても、同僚につらく当たってしまい、雰囲気が悪くなるかもしれません。忙しい時期が1年のうちのわずかであれば、我慢できるかもしれませんが、1年中忙しいという職場では、心が休まらないでしょう。

職場の雰囲気が悪くて辞めたいときはどうすればいい?

職場の雰囲気が悪くなる理由は、人間関係にあるといえます。

ただし、人を変えようとするには多大な労力と精神力が必要です。そのような努力をするくらいなら辞めたいと考えている人もいるかもしれません。

しかし、安易な退職はおすすめしません。特に第二新卒では、転職することへのハードルが下がってしまい、何度も転職を繰り返してしまうおそれがあります。

転職活動を始める前に、まずは自分の考え方を変えることから始めてみませんか。

ここでは、自分の考え方を改善し、少しでも現状を脱却する方法を紹介します。

自分に改善できる点がないか振り返る

「誰かのせい」と考えず、まずは自分にできることがないかを考えてみましょう。

コミュニケーションを改善したいと思ったとき、あなたが努力できることは以下の3つです。

・自己開示する
・相手にリスペクトを伝える
・明るい雰囲気をつくる

日常の具体的な行動に下ろすと、

・自分から挨拶をしてみる
・仕事の相談をしてみる
・なるべく笑顔で接するように心がける

などが挙げられます。

明日からすぐ実行するのはなかなか難しいかもしれませんが、信頼関係を築くためのアクションを日々意識できると、打ち解けるきっかけを作ることができるでしょう。

職場の良いところを探す

職場の雰囲気が悪くて悩んでいると、働き続ける理由を見失ってしまいがちです。「居心地の悪い職場」と感じ、不満を抱えたまま毎日働いていると精神的負荷が大きくなってしまいます。

「仕事内容は自分に合っている」「給与に不満はない」など、職場に少しでも良い面があるなら、そのような状況は防ぎたいものです。

入社当時のことを思い出し、職場の好きなところに目を向けてみましょう。会社の良いところを紙に書き出してみて、可視化してみても良いでしょう。「徐々に改善していければいいか」と気持ちに余裕が出てくるかもしれません。

直接、職場の雰囲気を良くする方法ではありませんが、仕事へのモチベーションを保つために効果的です。

仕事として割り切る

人間関係の不満や違和感も仕事のうちと、割り切って過ごすのもひとつの手です。

給与面など、仕事をする本来の目的が満たせているのであれば、「多くを期待しない」と気持ちを切り替えることで、気持ちが楽になることもあります。

相談できる相手を見つける

友人や家族などに悩みを打ち明けると、ストレスを発散できます。自分とは違う考え方に触れたり、アドバイスをもらえたりして、新たな発見ができるかもしれません。

また、友人や家族も仕事で悩んでいることもあるかもしれません。お互いに悩みを話すことで、「自分だけではない」と思える可能性もあります。

直接解決には至らなくても、話すことができる相手がいるだけで気持ちが軽くなります。

社内で異動する

どうしても今の部署にいることが難しいという場合は、社内で異動を願い出るという方法があります。

人事部や他部署の上司などに相談することを検討してみましょう。上司や同僚に問題がある場合は、部署異動で解決することが多いです。

それでも改善が見込めない場合は転職を検討する

あらゆる価値観や立場の人間が集まる場所で信頼関係を築いていくには、一筋縄ではいかないことが多いです。

相性によってはどれだけ時間をかけても上手くいかないケースもあり、改善が見込めない場合は、転職を前向きに考えることをおすすめします。

ここでは、転職を考え始めた人向けに、転職成功のポイントを2つ紹介します。

円満退社を目指す

職場の雰囲気が悪く、辞めたいと感じた場合でも、できるだけ円満に退社することをおすすめします。今の職場にいる人と何かしらの縁があり、また会う可能性もあるためです。

円満に退社するためには、可能な限り退職する1ヶ月以上前に退職意思を伝えるというのが大切です。退社する場合は、後任者を探すことや後任を教育することが必要になります。できるだけ早めに伝えることで、職場の上司や同僚は助かります。

また、自分自身も引き継ぎやあいさつ回りをし、退職時のトラブルを避けるために動くのがおすすめです。一度退社を決めると、退社日まで頑張るのみです。ゴールが見えるので、気持ちも軽くなるでしょう。

自分に合った転職先を探す

退社するにあたり、重要なのは転職先探しです。また職場で同じような悩みを抱えてしまうことがないよう、自分に合った転職先を探しましょう。

しかし、人間関係に関することは、入社した後にしか分からないことも多いです。転職前から対策を打つことはなかなか難しいかもしれません。

転職先に悩んだら、まずはグッド・クルー」への面接に来てみませんか。

グッド・クルーの採用面接では、自己分析のお手伝いをして、あなたの活躍できそうな仕事について一緒に考えていきます。

面談や面接を通して、グッド・クルーの雰囲気を掴めるでしょう。

自分に合った職場について知りたい、キャリア設計が上手くできないという方も大歓迎です。

グッド・クルーの採用面接、選考についてはこちらの記事をご覧ください。
「あなたが会社の主人公」グッド・クルーの考える“人財”採用とは?

まとめ

この記事では、職場の雰囲気が悪く、辞めたいと考えている方に向けて、対処方法を紹介しました。職場の雰囲気が悪い場合の対処方法としては、相談できる相手を見つける、仕事として割り切るなどがあります。

また、可能であれば社内で配置移動をしてもらうという方法もおすすめです。

それでもなかなか改善が見られない場合には、転職を検討しましょう。グッド・クルーでは、採用面接から応募者に真摯に向き合っています。少しでも興味があるかたはぜひご応募下さい。

応募はこちら