職場で疎外感を感じたらどうする?孤独の原因と対処法

職場にいて疎外感を感じたとき「自分がなにかしてしまったのではないか」と思い悩んでしまうことがあります。 疎外感を感じたままの状態が続くと大きなストレスとなって、業務効率に影響したり、体調を崩したりする原因にもなりかねません。 今回は、職場で感じる疎外感の原因や、疎外感を解消するための4つの対処法について紹介します。


この記事は約6分で読み終わります。

職場の疎外感は早期解決を目指そう

疎外感とは、「自分が誰にも必要とされていない」「周りの人から嫌われてのけ者にされている」など、組織やチームの中での立場がないと感じている状態のことを指します。

具体的には、職場において疎外感を感じるのは「グループに入れない」「ランチをいつもひとりで食べている」「仲の良い人がいない」というようなケースです。

仕事は生活の大半を占めているため、日々職場で疎外感を感じていると、大きなストレスになりかねません。

とくに、人間にとって社会的孤立は精神的な負担になりやすいといわれています。放置していると心身の不調につながるおそれもあるため、職場の疎外感は可能な限り早期解決を目指すことが大切です。

「疎外感を感じやすい人」の4つのタイプ

人間関係において、相手の行動や考え方を変えようとすることは難しいケースがほとんどです。疎外感を解決するためには、まず自分にできることがないか考えてみると良いでしょう。

「疎外感」そのものに関して、感じやすい人とそうでない人がいるという視点に着目してみるのも方法のひとつです。まずは、自分が疎外感を感じやすいかどうかを判断し、客観的な視点で状況を見てみましょう。

ひとりでいることに慣れていない

学生生活などで、常に友達と一緒にいたという人は、ひとりでいることに慣れていません。周りに人がいることが当たり前の環境から、就職して職場にひとりでいる機会が増えると、疎外感を抱きやすくなります。

一方で、大勢でいることが苦手などの理由で、学生時代からひとりでいることに慣れている人は、疎外感はあまり感じていないことが多いのも特徴です。

このように、学生時代と就職後の環境の変化によって、疎外感を感じている可能性があります。

受け身になっている

周囲から話しかけてもらえるのを待っていることが、疎外感を感じる原因になっていることがあります。

受け身な人は、無意識に周囲の人から「誘ってもらう」「話してもらう」ことを期待している状態になっています。期待が叶わなかったときに疎外感をより強く感じてしまうでしょう。

実際、話しかけてみるとスムーズに打ち解けた、というケースも少なくありません。話しかけてもらえずうまく馴染めていないと感じていることが、疎外感につながっているかもしれません。

卑屈になりやすい

自分に自信がないと、ひとりでいる状況を「どうせ自分なんて」と感じてしまいます。

周囲の人の優れたところばかりが目に留まり、自分と比較してショックを受けているようなケースです。

人の優れたところを見つけることができるのは良い点ではありますが、自分を卑下してばかりいると周囲の人もコミュニケーションを取りづらくなる可能性があります。

すると、職場でほかの人と仲良くなりにくい状態になり、疎外感を感じる原因になるでしょう。

周りの目が気になる

周りの目を必要以上に気にしすぎているのも、疎外感を感じる要因のひとつです。

周りの人が自分をどう思っているのかを気にしすぎるあまり、自分が悪く思われているのではないかと些細なことで不安になります。

実際に周囲の人が自分に対して悪い印象をもっていない場合でも、周囲の視線に敏感になるあまり、疎外感につながってしまうこともあるので注意しましょう。

疎外感を解消する4つの方法

疎外感を解消するためには、状況に応じたアクションを起こすことが大切です。では、具体的にどのような方法を取れば、疎外感を解消することができるのでしょうか。

ここからは、疎外感を解消するためにできる4つの方法と、状況に応じたアクションの起こし方について紹介します。

考え方を変えてみる

まずは「自分に自信がない」「周囲の目線ばかり気になってしまう」というような考え方を変えてみることが大切です。

自分に自信がなく、疎外感を感じてしまっている場合には、ひとりでいることの利点を考えてみると良いでしょう。

ひとりでいることは、業務に集中できる、対人関係のトラブルに巻き込まれる機会が減るなどの利点があります。

大切なのは、相手に過度な期待をせず、無理に人に好かれようと考えないことです。

また、他人と自分を比較せず自立した精神状態でいれば、周囲の環境や雰囲気に左右されず安定したメンタル状態を保てるようになるでしょう。

上司に相談する

職場内で疎外感を感じているときは、職場の信頼できる人に相談してみるのも解決策のひとつです。信頼している上司など、客観的な視点で見ている人にアドバイスをもらいましょう。

アドバイスをもらうことで、冷静に自分の状況を把握することにもつながります。

また、ひとりで悩みを抱えている場合、人に話すことでストレスの解消にもなり、疎外感の軽減につながるでしょう。

自分からコミュニケーションを取ってみる

受け身で相手からのアクションを待つのではなく、自分から積極的に周囲の人とコミュニケーションを取っていくのも疎外感の解消につながります。

周囲の人から見ると自分がどういう人か分からないため、ひとりが好きな人と思われていることもあるでしょう。

最初に自分からコミュニケーションを取っていくことで、自分がどういう人間なのか伝わり、次第に相手からも話しかけてもらえるようになるため、疎外感も軽減できます。

ただし、無理に全員と仲良くなろうとする必要はありません。職場の人間関係は業務を円滑に進めるためにも重要なものですが、気をつかう機会も多くあります。プライベートでは無理なく本当に気の置ける友人との付き合いを重視し、精神的なバランスを取ると良いでしょう。

環境を変える

もし、職場での疎外感が自分の行動や気持ちのもち方が原因ではなく、実際にあからさまな仲間外れがある場合には、自ら環境を変える行動を起こす必要があります。

たとえば、部署移動を申し出てかかわる人を変える、職場内で信頼関係が構築できないのであれば転職するのも手段のひとつです。

それでも「新しい職場で再スタートを切りたい!でも転職に自信がない・・・」という場合には、人材会社グッド・クルーへの応募をご検討ください。

グッド・クルーでは、キャリア形成支援としてスキルアップや将来のキャリアビジョンに関するアドバイスなどを一人ひとりに行っています。

また、企業と求職者の架け橋となって「相思相愛」の雇用につなげ、より良い環境での就業を支援しているため、安心して働ける環境を見つけたい人にもおすすめです。

「疎外感を感じていて環境を変えたい」「自分の将来像を実現できる環境で仲間と働きたい」という場合には、一度グッド・クルーへご相談ください。

まとめ

職場で感じる疎外感は、環境の変化や自分自身の精神状態によって左右される場合もあります。しかし、精神的にダメージを受けるほどのストレスに発展することもあるため、解決できないときは環境そのものを変えることが大切です。

また、職場の人間関係に依存せずに済むように、プライベートで接する友人を大切にするのもメンタルの安定につながります。

明らかに仲間外れにされているような環境にいる場合には、転職も視野に入れて自分が輝ける職場を探してみると良いでしょう。