職場で無視される理由は?無視する人の心理・関係を悪化させないための対処法

職場で無視されるのは非常につらいことです。コミュニケーションも取りづらくなることから働きにくくなり、大きなストレスにもなるでしょう。なぜ自分が無視されてしまうのか、無視する人の心理や理由とは一体何なのでしょうか。 この記事では、職場で無視される理由や関係を悪化させないための対処法を紹介します。


この記事は約6分で読み終わります。

職場で無視される・・・無視する側の心理は?

「なぜ自分のことを無視するのだろう」と、無視する理由や心理が気になる方も多いのではないでしょうか。無視する側の心理を知っておくことで、対策を立てられる可能性があるため、押さえておきましょう。

相手に怒っている

「嫌なことを言われた」「気に障ることをされた」などの、相手の行動や言動に対して腹を立てている可能性があります。そして怒っていること、不満に感じていることを相手にアピールするために、「無視」という手段を取っているのでしょう。

無視という形でアピールすることで、「何か悪いことをしたのかな」と自身の言動や行動を振り返って欲しいのだと考えられます。そのうえで、反省し、謝罪してほしいのが本音でしょう。つまり、怒りを鎮めるような行動を取れれば状況が改善するかもしれません。

相手のことが嫌い

単純に相手のことが嫌いで、関わりたくないため無視している可能性があります。嫌いな人や苦手な人を「できる限り避けたい」という人もいるでしょう。

人には「相性」があります。自分や相手が悪いことをしていなくても、性格や雰囲気などで「合う・合わない」の相性があるのは仕方がありません。

また無視することで、「自分が相手に対して苦手意識を感じていること」「相手のことが嫌いではないけれど苦手で、近づいてほしくない」という気持ちをアピールしている場合もあります。

「最初は好きな同僚だったけど、だんだん嫌いになった」というように、長く一緒に働くにつれて嫌いになってしまうケースも少なくありません。

相手に嫉妬している

「仕事上のポジション」「上司からの評価」「昇給」などで、相手に嫉妬している可能性があります。嫉妬の原因はさまざまですが、「嫉妬する」ということは「自分が相手よりも何かで劣っている」ということです。

自分と相手を比較して悔しさを感じ、相手に嫌な態度を取ってしまうのでしょう。特に女性で多いのが、若さや容姿に対しての嫉妬です。例えば、新しく入ってきた若い女性社員が男性社員から人気があり、嫉妬してしまうというケースもあります。

相手を見下している

自分のほうが相手よりも立場が上だという優位性を示すために、無視している可能性があります。つまり、相手に対して「何も言えないだろう」「何をしても大丈夫」と思っており、相手を見下しているのでしょう。

そういった相手を見下した態度は、「無視」という手段以外にも現れるはずです。仕事の都合で必ず話さなければいけない場面になったとき、言動や行動が上から目線だったり、投げやりな態度だったりすれば、見下しているといえるでしょう。

他者を思いやる心の余裕がない

仕事が忙しかったり、プライベートがうまくいってなかったりなどで心に余裕がなく、相手を無視してしまうケースもあります。自分の心に余裕がなければ、イライラしてしまい、厳しい態度を取ってしまうこともあるでしょう。

そのような場合は、特定の相手にだけ無視をするわけではないはずです。また無視をするのは一時的なもので、心に余裕があれば無視はしないでしょう。

しかし、自分より目上の相手に対しては、心に余裕がなくても無視をしないはずです。無視をする相手は自分より立場が下だと思っている可能性があります。

職場での無視を気にしないためにはどうすればいい?

上記のとおり、職場での無視は相手に原因があることも多く、気にしすぎる必要はありません。とはいえ、「気にしなくていい」と思っていても、難しいこともあるでしょう。

ここでは、職場での無視を気にしないための方法を3つ紹介します。

異なるコミュニティに所属する

職場のコミュニティだけだと、そこでの出来事に対するストレスやダメージが大きくなります。仕事が終わって家に帰っても、職場のことを考えてしまい、休めない人も多くいるでしょう。

しかし、職場以外のコミュニティに所属することで、精神的な負担を軽減できる可能性があります。

自分の趣味や好きなスポーツのクラブに入るのも良いでしょう。職場以外のコミュニティで話せる友達がいることで、ストレスの発散にもなりますし、悩みの相談もできます。

上司や周囲の人に相談する

悩みや問題はひとりで抱え込まず、信頼できる上司や周囲の人に相談するのがおすすめです。ひとりで悩んでいても解決策が見つからなかったり、ストレスや不安が大きくなったりします。また上司や人事部などに相談することで、直接掛け合ってくれ、問題が解決するかもしれません。

そういった問題が解決していけば、職場環境もより良くなる可能性があります。相談する際は、感情的にならないことが大切です。きちんと事実を伝えるようにしましょう。

昇進を目指す

昇進すれば、仕事上関わる人間が変わる可能性があります。自分のことを無視していた人と距離を取れるかもしれません。また、昇進することで無視してくる人よりも立場が上になれば、相手も自分のことを無視できなくなるでしょう。

特に無視してくる人の心理が、「相手を見下している」といった場合は有効的です。無視する人よりも偉くなれば、見下してくることもなくなるでしょう。また昇進できれば給料アップにもつながるので、昇進を目指して損はないはずです。

職場で無視されたときにやってはいけないNG行動

無視されると、自尊心が傷ついたりストレスがたまったりして、辛い思いをすることも多いでしょう。とはいえ、次の2つの行動をとると逆に状況が悪化するおそれがあります。

自分を責める

無視される原因を探るために、自身の行動や言動を省みるのは大切なことですが、自分を責めるのはやめましょう。仮に無視される側に何かしらの原因があったとしても、無視して相手を傷つけてよい理由にはなりません。

自分を責めるのではなく、どのように行動していくか前向きに考えることが大切です。自分に非があったのであれば、謝って関係の回復を目指せばよいでしょう。自分を責める前に、ストレスが大きくなる前に、早めに周囲に相談してみてください。

仕返しをする

相手に無視されたからといって、仕返しをしたり無視をしたりするのはよくありません。仕返しをすることで、一時的に自分のストレスが発散されるかもしれませんが、その人との関係性はさらに悪化するでしょう。

また周囲からの印象も悪くなり、その人とのトラブルだけでは済まない場合もあります。今後もその職場で長く働き続けるのであれば、仕返しするのではなく、別の形で解決を目指すか、過度に気にしないなどの大人な対応を心がけると良いでしょう。

職場での無視が辛いときは転職も検討しよう

職場での無視が辛く、解決が難しい場合は転職がおすすめです。無視する人と関わらずに済みますし、大きなトラブルになることも避けられます。

しかし、転職しても新しい職場に無視するような人がいる可能性もゼロではないため、注意が必要です。

転職を考えている方は、ぜひグッド・クルーにご応募ください。グッド・クルーは第二新卒の採用に特化している人材会社で、「成長実感プログラム」「資格取得のサポート」など、充実したサポートが魅力です。

また「無視する人がいる」といった職場環境に不満がある場合でも、職場の先輩と1:1で面談ができる「メンター・メンティー制度」があるため、すぐに相談できます。

まとめ

職場で無視されるのは非常に辛いことです。できる限り早めに上司や周囲に相談し、適切なアドバイスを受けましょう。くれぐれも自分を責めたり、仕返しをしたりしないようにしてください。

転職をして環境を変えるのもひとつの手段です。働きやすい職場へ転職したい方は、ぜひグッド・クルーにご応募ください。入社後も安心して働けるサポートが充実しています。