誰よりも負けず嫌いな彼女の、入社からの“歩み”とは?

グッド・クルーに第二新卒として入社し、約2年になる重住さん。ドコモショップで携帯の販売をしながら数値管理の仕事も担当されています。大学卒業のタイミングが遅れてしまったものの、第二新卒採用でグッド・クルーに出会い、入社してからはますます積極的で前向きな性格に変化していっているとおっしゃいます。今回は、重松さんが感じるグッド・クルーの魅力、今後目指したいキャリアなどについてインタビューしました。


この記事は約6分で読み終わります。

「人に寄り添う」あたたかな雰囲気に惹かれ、グッド・クルーへ

企業選びの軸は何でしたか。

「働く人が魅力的であること」「人を大事にしていること」を軸に、会社を選びました。

実は、就活を始めた当初は、こういう会社に入ってこういうことがしたいという具体的な夢や理想はありませんでした。なんとなく旅行関係が良さそうだと思い、旅行会社を中心に受けていました。

ですが、私にとって「何がしたい」よりも「一緒に働く人」や「会社の持つ社風」で会社を選びたいと感じるようになりました。高校生の頃から接客のアルバイトを続けてきたなかで、私にとって大事なものは「人」だったと気づいたのです。

そのため、面接の際にも、会社の雰囲気や働く人のようすをよく見るようにしていました。

グッド・クルーへの入社を決めた理由について教えてください

「ここなら魅力的な方々と一緒に成長できそう」という直感です。

最終面接を緊張しながら待っているときに、朝礼が終わった社員さんが楽しそうに会議室から出てくるようすを見かけたんです。その雰囲気にとても惹かれました。

また、面接でも、会社説明会でも、就活生に寄り添ったコミュニケーションがありました。他の面接では、プライベートな話を聞かれることはなく、淡々とした面接でしたが、グッド・クルーでの面接や会社説明では、就活生に寄り添う親しみやすい雰囲気がありました。

ベンチャー企業だったことも特に抵抗はなかったです。逆に、いろいろなチャンスをもらえるのではないかという期待の方がありました。

考え、行動し、成長していくこと

入社後の歩みについて教えてください

2019年に入社してからすぐに、ドコモショップに配属となり、接客を担当しています。覚えることは多く、販売をしながら事務作業もこなす毎日は大変ですが、やりがいは大きいです。

これまでは、自分の成長のため、かなり貪欲に行動してきました。業務において何か苦手なことがあれば、「この分野は苦手なので研修を受けてみたい」と上司にお願いして、研修をたくさん受けていました。気付けば、お客さんとの成約も徐々に増えていたんです。

今は、店長・副店長に次ぐリーダーのようなポジションも任されています。スタッフの育成や数字の管理を担っていて、とても責任を感じています。

リーダーとしては、「スタッフ同士の調整役である」という認識で、コミュニケーションに努めています。

それぞれの立場が違うと、どうしても考えが異なり、ぶつかることがあります。しかし、どのような思いも、仕事に一生懸命であることには間違いありません。コミュニケーションのトラブルが起こりそうになれば、それぞれの立場の意見を理解し、最適な選択をするのが私の役目です。「あの人は悪気があってそういう行動をしたわけではないですよ」などと間に入って伝え、皆が気持ちよく仕事ができるように努めています。

働くやりがいは何ですか

自分の考えたことが実を結んで、目標に到達したときは、とてもやりがいを感じます。私は負けず嫌いな性格なので、達成できなかった時は悔し泣きをすることもあるんです(笑)でも、そんな自分の姿を見て、スタッフもやる気を出してくれていると感じています。先輩たちも「結果だけが全てじゃないよ。日頃の努力はちゃんと見ているよ。」とフォローしてくれるので、また前向きに頑張ろうと思えます。

また、社員さんから声をかけてもらえることも、私にとっては大きなモチベーションです。オフィスを訪問した際に、社員さんから『重住さんだよね?いつもありがとう』『「成長意欲があって、店長からも数字達成に向けていろいろ工夫している」と営業担当者から聞いているよ』など、声をかけてもらうことがあります。このような大きな会社で、私の存在を知り、認めてもらっていることは、とても嬉しいことだと感じています。

成長できたと感じたエピソードについて教えてください。

これまでに成長を感じた瞬間は、2つありました。

1つ目は、自分より年齢が上のスタッフさんと接するうえでの課題を乗り越えたことです。私は入社して2年目、まだまだ新人ですが、中には私と20歳以上年齢が離れているスタッフさんもいます。しかし、店長・副店長に次ぐリーダーとして、年齢に関係なく指示やアドバイスを出さなければなりません。最初は接し方が分からずコミュニケーションが滞ることもあったので、かなり悩んでいました。

そんな当時の私を助けてくれたのは、先輩からのアドバイスでした。「雑談をしてみる」「感謝の気持ちを伝えることを忘れない」を意識してみると、業務中のコミュニケーションもスムーズにできるようになったんです。今では年上のスタッフさんと一緒にランチに行くことも増えて、メンバーとして信頼関係を構築できたと感じています。

2つ目は、売り上げ目標の未達が続いた時期です。最近は、コロナの影響で販売もオンラインで完結するようになりました。それに伴って店舗への客足が減り、売り上げが思うように上がらなくなってしまったのです。

私は、訪問してくれる数少ないお客さんに、いかに成約してもらうかが重要だと考えました。そのために必要なのは、接客のレベルを上げて、お客さんとの関係を良好に保つことです。そこで、相手がどのような人なのかを見極めるように努めました。淡々とメリットを伝えたり、細かくメリット・デメリットを説明したりと、お客さんの性格や心情に合わせて使い分けるスキルを習得したのです。

こうした努力を続けた結果、厳しい状況でしたが、なんとか売り上げを向上させることができました。

恩返しとしてのさらなる“挑戦”を

直近のキャリア目標について教えてください。

近い将来、現場をフォローする営業担当になりたいと考えています。店舗スタッフとして勤務しているなかで、営業の方が面談をしてくださったり、店舗にグッド・クルーのスタッフを送るよう交渉してくださったりと、かなり助けられてきました。

今度は自分も、店舗スタッフを支える立場として、そして今の提案スキルをより向上させ、数値で貢献していく意味でも、挑戦したいと考えています。

また、もっと社内で活躍できたらいいなと思っています。今年から始めた研修講師もそうですし、自分ができることややりたいことは、自ら手を上げて実行していきたいと思います。

もともと人見知りだった私が、これまでの経験を経て成長できたことは、多くの魅力的な先輩方に刺激を受けたからだと思うんです。なので、自分も積極的に会社へ貢献し、恩返しの意味でも、活躍していきたいと思っています。

転職を検討している第二新卒の方へひと言お願いします。

まだ社会人経験の浅い第二新卒の方は、可能性という伸びしろがたくさんあると思います。成長意欲があって好奇心旺盛な方にとっては、グッド・クルーの環境は成長できる素晴らしい環境になるのではないでしょうか。

グッド・クルーでは、人事の方や先輩がしっかりと個別フォローをしてくださるので、「仕事ができるか不安」「同期がいないので心配」という方も大丈夫です。自分も知らなかった可能性を引き出してくれる方がいっぱいいます。

強みが分からないという方はぜひ面接だけでも受けに来てください!みなさんの就活がうまくいくよう、願っています。