やりたい仕事がない・何がしたいかわからない人のための転職ガイド

新卒で入社した会社で、天職に出会ったと思う人は多くありません。1年、2年と働くなかで「この会社は自分には合わないのではないか…」と、転職の2文字を頭によぎらせる人もいることでしょう。 せっかく転職するなら、自分のやりたい仕事ができる職場を探したいものです。しかし、具体的なやりたい仕事が思い浮かばず、悩んではいないでしょうか。 ここでは「やりたい仕事がない」と感じる原因やその対処法、やりたい仕事を見つけるために試してみたい5つのことをまとめました。転職を考えており、どんな仕事を探せばよいか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。


この記事は約6分で読み終わります。

「やりたい仕事がない…」と感じる原因とその対処法

現在働いている人の中でも、もともとやりたい仕事があったという人は少数派といわれています。ではなぜ、やりたい仕事を見つけられない人が多いのでしょうか。

3つの原因から、その理由を紐解いていきます。

自分の強みがわからないから

自己分析がうまくできておらず、自分の長所や得意なことを把握していないと、やりたいことが見つけにくくなります。

これは、「器用貧乏タイプ」の人に当てはまりやすいでしょう。なんでも一定以上にこなせる一方で、自分の際立った強みがわからず「なんでもそれなりにできるけれど、やりたい仕事かといわれると自信がない」という状態に陥ってしまいがちです。

このタイプの人は自分がこれまで楽しいと感じた出来事や、興味があるジャンル、トピックを調べてみることで、やりたい仕事を見つけやすくなります。

転職失敗を恐れているから

初めて転職する人や転職に失敗したことがある人は「転職を失敗したくない」という気持ちが強くなりがちです。その結果仕事探しに慎重になりすぎてしまい、やりたい仕事を見失ってしまうことがあります。求人を厳選しすぎたり、前に進むのが怖いと思ったりしてはいないか、考えてみてください。

当てはまる方は、まずはとにかく気になる会社の求人に応募してみるのが良いでしょう。「応募=入社」ではないため「とりあえず気になる会社を見てみよう」程度の気持ちで転職活動を始めてみるのがおすすめです。

現状に満足できていないから

いまの仕事に満足できず、仕事へのやりがいを見出だせないときにも、人はこれからのことを不安に感じることもあるでしょう。

たとえ、就職活動中に思い描いていた「やりたい仕事」に関連する企業に就けていたとしても、最初から自分が「やりたい仕事」ができるかどうかはわかりません。

やりがいを感じられなかったり、自分の能力を発揮できていないと感じたりすると「こんなはずじゃなかった」と壁にぶつかってしまいます。

そんなときは、この会社で自分がやりたいと思っていることができるのか、改めて見つめなおしてみましょう。会社のことを調べたり、先輩にキャリアのことを聞いてみたりすることをおすすめします。

目次へ

 

 

 

やりたい仕事の探し方5つのポイント

やりたい仕事を見つけたいのに見つからないと悩んだときは、これから紹介する5つの方法を試してみてください。

どれもすぐできる簡単なことばかりですが、少しのきっかけでやりたい仕事が見つかることもあります。ぜひ試してみましょう。

自分の得意なこと、好きなことを洗い出す

やりたいことがわからないときは、まず「自分にできること」を考えてみましょう。これまでの経験で周囲から褒められたことや、好きなこと、得意なことを洗い出してみてください。

自分にできることや、好きなこと得意なことが見えてきたら、それを活かせそうな仕事をピックアップしてみましょう。その中から「自分が得意(好き)で、できる仕事」が見つかる可能性があります。

前の仕事で好きだった業務を洗い出す

今の仕事を辞めるとして、その仕事を振り返って、「この業務はやりたかったな!」というのを考えてみてください。

きっと、いくつか自分の興味があった業務があるのではないでしょうか。

まずは、自分がわくわくするお仕事をイメージするのも、転職を成功させる近道です。

自分の夢を書き出す

次に、自分の夢を思いつくままにリストアップしてみてください。「100万円貯金したい」「海外に住みたい」、「有名人に会いたい」など、仕事に関係のないことでもかまいません。そして、その夢を叶えるならどんな仕事をすればいいのかを考えてみましょう。

すぐに貯金を増やしたいのであれば、給与面に注目すると良いでしょう。海外への移住を希望するなら海外に勤務地がある会社を選ぶのも良さそうです。有名人に会いたいなら、テレビの仕事やスタイリストなどが選択肢として挙がってくるでしょう。

夢のために仕事を選べば、夢の実現に向けて目標をもって働ける可能性も高まります。目標がある毎日は、やりがいのある素晴らしい日々になるはずです。

自分の知らない業界の仕事を調べてみる

日本には、実に1万7000種類以上 もの職種があるといわれています。自分のやりたいことやできることは、自分がまだ知らない職種の中に隠れているかもしれません。

やりたい仕事を見つけて転職を成功させるためには、視野を広げることがなにより重要です。新たに興味をもてる職種に出会うことができれば、それがあなたの天職になることもあるでしょう。

転職サイトや転職エージェントを活用すれば、さまざまな職種の求人情報を見ることができます。また、自分と違う職種で働いている友人から、その業界の話を聞いてみるのも良いかもしれません。

自分が身に着けたいスキルを考える

あなたはいま、どんなスキルを磨きたいですか?自分が身に着けたいスキルに合わせて会社や職種を選ぶのも、やりたい仕事を見つけるための近道です。

次の職場を「一生働く場所」と考えず「新たなスキルを磨くための場所」だと割り切って考えれば、転職の視野をさらに広げることができます。

転職を考えるなかで「次の職場では失敗したくない」と、力んでしまう人は多いかもしれません。しかし、労働環境の変化によって、いまや転職は珍しいことではありません。「今後も何度か転職を経験するかもしれない」と考えて、今後役に立つスキルが身に着く仕事を選べば、次の転職でも有利に活動できるでしょう。

目次へ

グッド・クルーでは「これからやりたい仕事を見つけたい!」と思っている方を募集しています。

グッド・クルーは主に通信業界を中心としたは人材支援やコンサルティングをしており、新卒・中途ともに人材支援のメンバーを募集しています。支援先は通信業界が八割で、まずは自分のスキルやキャリアを積み重ねながら、セカンドキャリアの準備をすることができます。

正社員ではない働き方を希望される場合は、アルバイトなどほかの雇用形態も選ぶことができます。さらに、当社の一員として人材支援や営業、業務管理に携わってみたい方に向けても、総合職採用を行っています。

グッド・クルーは、自分に合った働き方をしながら、自分の得意なことや好きなこと、やりたいこと、できることを探せる会社です。

少しでもご興味があれば、ぜひ一度グッド・クルーにご応募ください。

新卒採用【マイナビ2023】はこちら 中途採用はこちら

グッド・クルーについてもっと詳しく知りたい方は、ぜひこちらをご覧ください。

目次へ

まとめ

転職を考える際、やりたい仕事が見つからずに迷走してしまう方は多くいます。

やりたい仕事がないと感じるなら、視点を変えてみましょう。あなたにはやりたい仕事が「ない」のではなく「まだ見つけられていない」可能性があります。

まずはやりたい仕事がないと感じる原因を知り、今回解説した5つのステップに沿って自分が本当にやりたい仕事を探してみましょう。

得意なことや好きなこと、叶えたい夢に、身に着けたいスキルなど、自分と向き合うことができれば、おのずと転職する理由も見えてくるはずです。まずはなにかしら行動に移しながら、やりたい仕事探しを始めてみてくださいね。